天然皮革と合成皮革 皮革のお手入れ は虫類革 ヘアカーフ
いろいろな皮革 加工による分類 なめし方による分類

天然皮革と合成皮革

天然皮革 使い込むほどに色やツヤが変化してきます。よく「味がでてくる」という言われ方をしますが、天然の皮革は時間をかけて『育てていく』素材です。本物志向の方、お気に入りを永く愛用される方に向いています。ただし、湿気・乾燥やカビという天敵を持っていますのでお手入れの仕方や保管方法は非常に重要です。
合成皮革 見た目や触り心地が天然皮革によく似ている高価な合成皮革もありますが、使っているうちにどんどん傷んできます。湿気や汚れには比較的強い素材ですので、手入れは容易です。
めんどくさがり屋の方、トレンドを追いかける方に向いている素材といえます。

一般的な天然皮革のお手入れ方法

日常のお手入れ 汚れは早めに落とすように心がけてください。ベンジンやシンナーはシミの原因になりやすいので天然皮革の汚れ落としには使用できません。ほこりや軽い汚れは乾いたタオルなどで拭き取ってください。汚れがひどい場合は皮革専用のクリーナーなどを使用しますが、色落ちやシミの原因になる場合がありますので、目立たない部分で確かめてからご使用になると良いと思います。
油分が無くなると硬化やヒビ割れの原因になります。保湿クリームなどで適度な油を与えるようにしてください。
雨に濡れたとき 乾いたタオルなどで軽く叩くように水分を取ってください。ゴシゴシ拭いてしまうと余計に染みこむだけでなく、表面がすり減ったり色落ちの原因になります。
乾燥は、形を整えたうえで風通しのよい日陰で行ってください。ドライヤーの熱や直射日光は縮みやヒビ割れの原因になりますので絶対に避けてください。
カビが生えてしまったら 乾いたタオルなどで丁寧に拭き取ってください。早めに処理しないと跡が残ったりする場合がありますので、日頃から目の届く場所での保管をおすすめします。
保管方法 光による褪色を避けるためになるべく暗所に保管してください。カビを防ぐために時々取り出して陰干しを行ってください。

は虫類革

日常のお手入れ 汚れやほこりは、ウロコの目に逆らわずに乾いた布で拭きとってください。
雨に濡れたとき 水気には特に注意してください。
本来ハ虫類革の表面は水に強いのですが、それ自体は厚みが無く強度に欠けるため、そのままでは製品には使用できません。牛革などとの貼り合わせで強度を高めているのですが、その接着部分が極端に水分に弱くなっています。もし濡れてしまった場合には早急に乾いた布でしっかりと水分を拭き取ってから陰干ししてください。

ハラコ・ヘアカーフ

日常のお手入れ ほこりなどは、柔らかめのブラシで毛の流れに沿って落としてください。
汚れは、中性洗剤を薄めた物をタオルなどで、汚れた部分だけをつまむようにして拭きます。
またその際に他の皮革部分に水分がつかないように気を付けてください。
雨に濡れたとき 他の皮革製品と同様に、水分をしっかりと拭き取ってから陰干ししてください。

いろいろな皮革

牛革
  • ステアハイド
    生後6か月以内に去勢された雄牛革
    もっとも一般的に使用されている牛革
  • ブルハイド
    生後3年以上の雄牛革
    丈夫ですがキズが多く、靴底やベルトに使用されています
  • カウハイド
    生後2年以上の出産経験のある雌牛革
    出産経験のない雌牛はカルビンと呼ばれ、きめが細かく高価
  • キップスキン
    生後6か月〜2年程度の牛の革
    きめ細かくやわらかい、比較的高価な革
  • カーフスキン
    生後6か月以内の牛革
    キズが少なくきめ細かい、牛革の最高級素材です
  • ハラコ
    腹子。不幸にも生まれる前に死んでしまった子牛の革。数が少ない貴重な素材
    便宜上、牛毛革(ヘアカーフ)やポニーの毛革をハラコと呼んだりもします
  • バイソン(野牛)バッファロー(水牛)
    気が荒い動物のためもともとのキズが多いのですが、強靱で軽くやわらかい、希少な高級素材です
豚革
  • ピッグスキン
    独特な凹凸をもち、軽くて固い素材。旅行用のトランクや、Gマークの有名ブランド品にも使用されています
馬革
  • コードバン
    馬のバット(臀部)の革。丈夫できめ細かく美しいツヤをもち、「革の王様」と呼ばれる高級素材です
  • ホースレザー
    コードバン以外の部分はひとまとめでホースレザーと呼ばれています。薄く強度が劣るためあまり使用されません
羊革
  • シープスキン
    生後1年以上の羊革
    やわらかさと強度に優れた皮革です。ジャケット・レザーパンツ・ゴルフグローブなどに使用されています
  • ラムスキン
    生後12か月までの子羊革(6か月以内はベビーラムスキンともいう)
    シープスキンに比べると強度が若干劣りますが、やわらかく肌触りの良い高級素材です
ダチョウ革
  • オーストリッチ
    ダチョウの背中の部分の革。羽を抜いた跡(鳥肌)が特徴の高級素材です

加工による分類

スエード 子牛や山羊革の表面をサンドペーパーで毛羽立たせて、ベルベット状に仕上げた革
ベロア 成牛革の表面をスエード加工した革。繊維が粗いため、スエードに比べて毛足が長め
ヌバック 革の表面(※銀面)をサンドペーパーで毛羽立たせた革。スエードに比べ、より毛足が短い
ガラスレザー ガラスに貼り付けて乾燥、表面を磨いた後に樹脂でコーティングした革。硬くてツヤがある
エナメル革 ウレタンなどで表面をツヤ加工された革
型押し革 加熱加圧して型を押しつけた革。主にハ虫類のウロコ模様などを表現する

※銀面とは?
革本来の模様を持つ部分「表層」を【銀面】、その裏側を【床面】と呼んでいます

なめし方による分類

タンレザー ヌメ革。植物タンニンを用いて鞣(なめ)された革。主にナチュラルと呼ばれる薄茶色、ベージュ
「鞣す」を英語で タン [ tan ] と言う。言葉の由来はタンニン
※舌(タン)とは無関係です(笑)
クロムレザー 硫酸クロムなどを用いて化学的になめした革。青味がかった光沢をもつ
カビが生えにくくなるという長所もある
オイルドレザー(オイルレザー) 動物油で鞣した(なめした)革。しっとりとした風合いと油分による撥水効果が特徴

※鞣す(なめす)とは?
本来「生もの」である革の腐敗や硬化を防ぎ、永く使用できるように加工すること




お支払い方法
お問い合わせ お買い物方法