シルバーアクセサリーをずっと楽しむために

使わずにしまいこんでいるシルバーアクセサリーはありませんか?
少し手間がかかりますが、誰でもできるシルバーアクセサリーのカスタマイズを紹介します。シルバーを意図的に黒くする「いぶし処理」というテクニックです。ちなみに、使用しているリングは僕(店長)の私物。

用意する物
・飽きちゃったシルバーアクセサリー
・いぶし液、またはムトーハップ(薬局にあります)※製造中止
・シルバー用研磨剤・やわらかい布
あると便利な物
・小筆・綿棒・ツマヨウジ
・ピンセット
・ゴム手袋(皮膚が弱い方)

今回用意したリング
ユリをモチーフとしたシルバーリングです。すっかり飽きてしまってもうずっと使用していませんでしたが、今回はこのリングをカスタムしてみます。
さあ皆さん!飽きて使わなくなったシルバーアクセサリーを蘇らせてまた使ってあげましょう!
・・・ウチの商売的にはコレされるとアレなんですけど・・・。

まずは磨きます
下準備として、用意したシルバーアクセサリーを研磨剤でよく磨きます。
余分な研磨剤を水洗いで落とせば、ハイ!銀ピカ!
付着している汚れや油分を取り、キズを浅くなめらかにならします。
下準備を丁寧にする事で仕上がり時に余計なムラが出にくくなります。

いぶし液溶液にドブ漬け
いぶし液溶液(60℃の湯にいぶし液を数滴)にシルバーアクセサリーをドブ漬けして15秒。取り出したらもうこんなカンジになりました。
部分的に黒くしたい場合は小筆や綿棒で塗った方が効率が良いです。

放置
5時間放置した状態のシルバーリング。長く置いておいた方がしっかり色が付きますが、銀が劣化していきますので適当なところで洗い流してあげなければいけません。付着しているいぶし液はお湯と中性洗剤で洗い流します。

研磨
シルバー色に戻したい部分だけを、綿棒などを使って丁寧に丁寧に磨きます。どうせあとでまたいぶし液をつけるので多少の磨き過ぎは気にしなくてもいいと思います。
おっと!言ってるそばからものすごく磨き過ぎた・・・。

追加いぶし
黒く残したかったのに研磨しちゃった部分、それと磨き過ぎた部分に再度いぶし液を塗ります。
小筆やツマヨウジなどを使ってなるべくハミ出さないようにアクセサリーの模様に沿って丁寧に塗っていってください。
そしてまたもや放置。

追加研磨
またまたはみだして黒くなった部分を研磨剤でゴシゴシ。
揮発した燻し液の硫黄がシルバー色部分を薄黄色にしてしまうので、その部分もゴシゴシ。
スキマはツマヨウジでカリカリ。

完成?
いえ、まだです。
いま急にチェーン模様のところを黒・シルバー・黒・シルバーと交互に配色したくなりました。
黒くしたい部分をいぶし液で黒くします。
そしてまたもや研磨。

今度こそ完成!
なにぶん使い込んだシルバーアクセサリーですのでちょっとデコボコしていますが、今までとは違う雰囲気に仕上がって新鮮な気持ちです。また今日から装着してみたいと思います。 みなさんもしまいこんだリングやペンダントがあったらぜひチャレンジしてみてください。シルバーアクセサリーは永久に不滅です!




お支払い方法
お問い合わせ お買い物方法